エビコンCOOLSHOT・コールドランナシステムは、あらゆる種類のLSRの成形を可能にします。実績のある革新的な技術により、完全なキャビティ充填、均一な加熱による均質な架橋、サイクルタイムの短縮が保証されています。このシステムは、そのまま組込み可能なコールドハーフとして販売しています。

 

 

LSR加工の新たな標準

1

電動リニアステップモーターによるバルブゲート技術
ホットランナー分野からの最先端技術。高精度なバルブピンの位置決め。システムの組立てや生産中の再調整にかかる時間を最小限に抑えることが可能。

2

メンテナンスが容易なバランス型マニホールド技術
バランスのとれた、また流線形の流路レイアウトにより、素早く色替えすることが可能。マニホールド自体は簡単に分解して洗浄することが可能。

3

高度なノズル技術によるサイクルタイムの最適化と完璧なゲート跡
水冷却式コールドランナノズルのチップ形状を変えることで、優れた熱分離を実現。これにより、様々な種類のLSRに対して最適なサイクルタイムを実現します。

4

オプション: キャビティプレートの均一な昇温
強力なコイルヒーターと各キャビティの独立した温度制御が備わった加熱セパレータプレート。カートリッジヒーターと比較した場合、大幅により均一な温度分布が得られます。

5

オプション:キャビティプレートの取り外し用クイッククランプ装置
生産終了後や一時的な中断の際に、ホットキャビティプレートをコールドランナノズルから簡単に分離することができます。コールドランナ内でのLSRの架橋を防ぐことができます。

キャビティ充填の完ぺきなまでに優れたバランス

円錐形のバルブピンと高性能な電動ドライブバルブゲート技術により、各キャビティの正確な充填制御とゲートの確実なシールが可能になりました。